Fink

Fink プロジェクトは オープンソースソフトウェアを DarwinMac OS X で使えるようにするものです。 Mac OS X 上でコンパイルと実行できるよう、 Unix ソフトウェアを修正 ("ポート") しています。 こうしてできたものは全て一つのディストリビューションに統合されます。 Fink では dpkg や apt-get などの Debian ツールを使い、バイナリパッケージ管理を行っています。 ユーザーはコンパイル済みのパッケージをダウンロードことも、すべてソースからビルドすることもできます。 詳細...

 ニュース

2017-04-18: fink-0.43.10 released-

The Fink Project has released fink-0.43.1. This is a bugfix release. Usefink selfupdate to install it.

If you happen to have updated your OS X before updating fink, follow the "Fixing updates when you have installed High Sierra before updating fink" instructions below, and then run fink selfupdate again.

2017-03-28: fink-0.43.0 released-

The Fink Project has released fink-0.43.0. This release supports using git or svn to update packages instead of cvs, particularly to work through firewalls via HTTPS. Use fink selfupdate-git or fink selfupdate-svn to switch to one of those methods. This release officially supports 10.9.0-10.13.4. It also enhances support for Oracle's Java 9 as well as the 2017 release of Apple's legacy Java. In addition, it incorporates other bug fixes and enhancements. The best update sequence from going to 10.9-10.12 to 10.13 is as follows:

0) Start on 10.9-10.12. Don't update your OS yet.

1) In a terminal window, run fink selfupdate and install fink-0.42.0

2) Update to High Sierra.

3) In a terminal window, run fink reinstall fink.

If you happen to have updated your OS X before updating fink, follow the "Fixing updates when you have installed High Sierra before updating fink" instructions below, and then run fink selfupdate again.

2017-10-07: fink-0.42.0 released-

The Fink Project has released fink-0.42.0 to provide High Sierra (10.13) support. This release officially supports 10.9.0-10.13.0. It also adds support for Oracle's Java 9. In addition, it incorporates other bug fixes and enhancements. The best update sequence from going to 10.9-10.12 to 10.13 is as follows:

0) Start on 10.9-10.12. Don't update your OS yet.

1) In a terminal window, run fink selfupdate and install fink-0.42.0

2) Update to High Sierra.

3) In a terminal window, run fink reinstall fink.

If you happen to have updated your OS X before updating fink, follow the "Fixing updates when you have installed High Sierra before updating fink" instructions below, and then run fink selfupdate again.

   

 最近更新されたパッケージ

2018-10-14: libnetsnmp30-shlibs-5.7.3-2 (SNMP tools and libraries)
2018-10-14: test-output-pm5182-1.031-1 (OBSOLETE: use test-output-pm)
2018-10-14: app-svn-bisect-pm5162-1.1-2 (Perform binary searches among revisions)
2018-10-14: app-cpants-lint-pm5162-0.05-1 (Front-end to Module::CPANTS::Analyse)
2018-10-14: eval-closure-pm5182-0.12-1 (Safely create closures via string eval)
2018-10-14: data-perl-pm5162-0.002009-1 (Wrapper classes for fundamental Perl types)
2018-10-14: moose-pm5162-2.2010-1 (Postmodern object system for Perl 5)
2018-10-14: eval-closure-pm5162-0.12-1 (Safely create closures via string eval)
2018-10-14: app-svn-bisect-pm5182-1.1-2 (Perform binary searches among revisions)
2018-10-14: data-perl-pm5182-0.002009-1 (Wrapper classes for fundamental Perl types)
2018-10-14: package-deprecationmanager-pm5182-0.17-3 (Manage deprecation warnings)
2018-10-14: module-release-pm5182-2.125-1 (Automate software releases)
2018-10-14: mouse-pm5162-2.5.1-1 (Object system for Perl based on Moose)
2018-10-14: app-cpants-lint-pm5182-0.05-1 (Front-end to Module::CPANTS::Analyse)
2018-10-14: datetime-locale-pm5182-1.22-1 (Localization support for DateTime)
2018-10-14: package-deprecationmanager-pm5162-0.17-3 (Manage deprecation warnings)
2018-10-14: file-path-pm5182-2.16-1 (Create or remove directory trees)
2018-10-14: mouse-pm5182-2.5.1-1 (Object system for Perl based on Moose)
2018-10-14: datetime-locale-pm5162-1.22-1 (Localization support for DateTime)
2018-10-14: test-output-pm-1.031-1 (Utilities to test STDOUT and STDERR messages)
2018-10-14: test-output-pm5162-1.031-1 (OBSOLETE: use test-output-pm)
これ以前の情報...

ステータス

Fink は、現在 OS X 10.9 (Mavericks), OS X 10.8 (Mountain Lion), 10.7 (Lion), 10.6 (Snow Leopard) をサポートし、 またこれより前のバージョンの OS X は、公式アップデートは行わないものの、動作します。 インストール方法は、 ソースリリースのページ に書かれています。

Xcode を Fink より先にインストールする必要があります。

10.9 サポート: 10.9 ユーザは、Xcode 5.0.1 以降 (AppStore から無料。バージョン 5.0.2 推奨) または、少なくとも Command Line Tools for Xcode 5.0 for Mavericks (xcode-select --install でインストール可能、または Apple からダウンロード可能) をインストールする必要があります。

X11 が必要なら、 macosforge.org から Xquartz-2.7.4 以降をインストールしてください。

10.8 サポート: 10.8 ユーザは、(AppStore からの無料ダウンロードで) Xcode 4.4 以上をインストールするか、 あるいは少なくとも Command Line Tools for Xcode 4.4 (Apple からダウンロード可能 または Xcode (4.6.1を推奨) 環境設定からインストール可能) をインストールする必要があります。 ただし、4.3 より前の Xcode がある場合は、 /Developer/Library/uninstall-devtools を実行して アンインストール する必要があります。 現在の Xcode バージョンは、 xcodebuild -version でわかります。

X11 が必要なら、 macosforge.org から Xquartz-2.7.0 以降をインストールしてください。

10.7 サポート: 10.7 ユーザは、Xcode を 4.1 以降 (AppStore から無料ダウンロード) (4.5.2 以降を推奨) 、 あるいは少なくとも Command Line Tools for Xcode 4.3 (Apple からダウンロード可能 または Xcode (4.3以降) 環境設定からインストール可能) をインストールする必要があります。 上の 10.8 の例を参考に、バージョンを確認して必要ならアンインストールしてください。

10.7 では Xquart をサポートしていません。 Apple の公式 X11 を削除しないよう注意してください。

10.6 サポート: 10.6 ユーザは、Xcode を 3.2.6 または 4.x 開発者プレビューを払っている場合は 4.2.1 にアップグレードしてください。 4.0.2 はリンカにバグがあり、いくつかのパッケージのビルドができないようです。 上の 10.8 の例を参考に、バージョンを確認して必要ならアンインストールしてください。

10.6 では Xquart をサポートしていません。 Apple の公式 X11 を削除しないよう注意してください。

   

リソース

サポートが必要な方は、ヘルプページをご覧下さい。 こちらではプロジェクトをサポートして下さる方への情報やフィードバックの受付けもしています。

Fink プロジェクトは SourceForge でホストされています。 サイトホスティングとダウンロードの他、 SourceForge は以下のサービスを提供しています。

上記のサービスの中には SourceForge アカウントにログインして使う機能 (バグレポートやパッケージ化の要望など) もあります。 アカウントをお持ちでない方は、 SourceForge ウェブサイトで取得することができます。

SourceForge 以外でホストされている追加リソース: